コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラチェ Krâchéh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラチェ
Krâchéh

別綴 Kratie。カンボジア東部の町。首都プノンペンの北東約 160km,メコン川左岸に位置する河港。農林業地帯の商業中心地で,トウモロコシ,タバコ,ゴム,綿花,トウゴマ,米,パンヤ,木材などを集散する。港は南シナ海にいたるメコン川水運の起点。ベトナムのホーチミン市から北上してカンボジアに入りラオスに通じる道路に沿う。人口1万 4000 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クラチェ(Kratie)

カンボジア東部、クラチェ州の都市。同州の州都。首都プノンペンの北東約150キロメートル、メコン川沿いに位置する。州の大半を森林に覆われ、農業が盛ん。絶滅危惧種カワゴンドウが生息することで知られる。クラチエ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

クラチェの関連キーワードホテルオークラパークセー川奈ホテルパクセー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android