コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゴマ

2件 の用語解説(トウゴマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トウゴマ

ヒマ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウゴマ
とうごま / 唐胡麻
castor
[学]Ricinus communis L.

トウダイグサ科の植物で、ヒマ(漢名は蓖麻(ひま))ともいう。原産地の熱帯東部アフリカとインドでは低木、または高さ6メートルを超える高木となるが、温帯では一年草で高さ約3メートル。現在では、世界の熱帯と温帯で油脂植物として広く栽培されている。分枝はまばらで大きな葉を互生する。葉は掌状に5~11に中裂し、鋸歯(きょし)がある。毛はなく、長い葉柄は盾形につく。秋には、茎の先端の節から順次下方へ向かって、長さ約20センチメートルの直立した総状花序をつける。各花序の上部には雌花、下部には雄花がつく。雄花は5個の花弁をもち、花糸は多数に分かれて黄色の葯(やく)を数多くつける。雌花は小さな5花被(かひ)をもち、花柱は6裂する。子房には肉質の毛があり、成熟すると(さくか)となる。種子は長さ8~22ミリメートルの光沢のある楕円(だえん)体で、黒褐色の斑点(はんてん)がある。種子および葉の色と大きさには変異が多い。種子は有毒タンパクのリシンと、アルカロイドのリシニンを含むため、2~3個食べると致死量となる。また、種子は脂肪油を40~50%含むが、その成分の大部分はリシノール酸グリセリドである。
 種子あるいは種皮を除いた仁(じん)(果実の核)を冷圧して得たひまし油(蓖麻子油)は下剤として用いるほか、印刷インキ、化粧用ポマードなどに大量に使用される。また、かつては飛行機の潤滑油でもあった。内乳の細胞に充満しているアリューロン粒(糊粉(こふん)粒)は実験材料としてよく用いられる。なお、和名のトウゴマは、種子に脂肪油が多いことからつけられたものである。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトウゴマの言及

【ヒマ(蓖麻)】より

…トウゴマともいう(イラスト)。熱帯東アフリカ原産のトウダイグサ科の木質草本。…

※「トウゴマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トウゴマの関連情報