コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーチミン市 ホーチミンしThanh Pho Ho Chi Minh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーチミン市
ホーチミンし
Thanh Pho Ho Chi Minh

ベトナム最大の都市で,1975年まではサイゴン Saigonと呼ばれていた。同国南部,メコン川デルタの北東に続くドンナイ川デルタにあり,サイゴン川にのぞむ。年間を通して暑く,平均気温は最も涼しい 12月,1月でも 26℃近くなる。年降水量は約 1800mmで,その大部分は5~10月の雨季に降る。かつてはクメール人の集落であったが,ベトナム人の南下とともに 17世紀後半以降その勢力下に入り,ベトナム南部の中心都市に発展。 18世紀後半からフランス勢力の拠点となり,19世紀後半~20世紀前半にはフランス領インドシナの商業,軍事の中心地であった。ジュネーブ協定によりベトナムが南北に分断されていた 1954~75年には南ベトナムの首都であったが,この間のベトナム戦争中はアメリカ合衆国軍が駐留し,避難民が流入して,市の人口は急増した。肥沃なメコン川デルタを背後に控え,もともと農産物や水産物の集散地として商業的色彩の濃い都市であったが,現在社会主義政権のもとで生産都市に脱皮しつつある。行政的にはハノイ,ハイフォンとともに,省に属さない中央直轄市となっている。市内にはロマネスク様式の聖堂や仏教寺院,ホーチミン大学 (1917) をはじめとする高等教育機関,博物館,劇場,植物園など,歴史的建築物や文化施設が多い。首都ハノイとは国道1号線,トンニャット鉄道で結ばれるほか,空路,サイゴン川経由の海路でも連絡。南シナ海からサイゴン川を約 100kmさかのぼった市の港は同国の重要な商港で,大型船舶が入港できる。北西郊にはタンソンニュット国際空港がある。面積 1295km2。人口 407万 5700 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ホーチミン市

旧南ベトナムの首都サイゴン。ベトナム戦争で陥落し、1976年の南北統一後、旧北ベトナムの指導者だったホー・チ・ミンにちなんで改称された。「政治都市」の首都ハノイに対し、「経済都市」として発展。昨年の同市の域内総生産(名目)は約322兆ドン(約1兆5778億円)で、市は今年の成長率を10%以上と予測している。

(2010-01-16 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ホーチミン市の関連キーワードタンソンニャット国際空港チュオン・タン・サングエン・ヴァン・リンフィン・タン・ファトベトさんとドクさんグエン・バン・リン外国公務員への贈賄ファン・バン・カイサイゴン国際空港グエン・チ・ビングエン・フー・ト富士インパルスストゥントレントゥアンハイ省サイゴン大教会ファンティエトベンタイン市場バクホー油田トゥザウモトクアンビン省

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホーチミン市の関連情報