コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラッド鋼 クラッドコウ

2件 の用語解説(クラッド鋼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラッド‐こう〔‐カウ〕【クラッド鋼】

性質の異なる異種の金属を圧着した鋼材。めっきとは異なり、合金層によって結合しているため容易に剥がれることはない。安価な炭素鋼を母材として、高価なステンレス鋼チタンをはり合わせ、耐摩耗性や耐食性を高めた鋼材が広く用いられる。クラッド

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラッド鋼
くらっどこう
clad steel

鋼板の母材に異材を張り合わせたもの。張り合わせる材料(クラッド金属)には高炭素鋼ステンレス鋼ニッケル、銅、耐熱合金チタンなどがある。表面性質が問題になる場合に、高価な金属板を安価な鋼板に張り合わせた合板として用いる。すなわち、高炭素鋼をクラッドしたものは刃物に、ステンレス鋼やチタンをクラッドしたものは耐食性容器などに用いる。
 一般には片面だけに特殊金属板を張り合わせるが、目的によっては両面に張り合わせる。母材とクラッド金属の厚さの比をクラッド比(通常は10~20%)という。もっとも多量に生産されるクラッド鋼はステンレスクラッド鋼板である。全体がステンレス鋼でできた板に比べて、安価、機械加工が容易、熱伝導率が高い、などの特徴があり、化学工業用装置などに用いられる。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラッド鋼の関連キーワード異種交配補整天府希薄合金爆着複酸化物異質の異種のタンパク質工学ヴォルタ効果ヴォルタの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone