安価(読み)あんか

精選版 日本国語大辞典「安価」の解説

あん‐か【安価】

〘名〙 (形動)
① 値段が安いこと。また、そのさま。廉価。⇔高価
※条約改正論(1889)〈田口卯吉〉「此地面を先代が人の善い人にて非常の安価にて人に貸した」
② 値打の低いこと。安っぽいこと。いいかげんなさま。
草枕(1906)〈夏目漱石〉五「此極めて安価なる気燄家は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安価」の解説

あん‐か【安価】

[名・形動]
値段の安いこと。また、そのさま。「安価な商品」⇔高価
価値の低いこと。安っぽいこと。また、そのさま。「安価同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android