コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラティノス クラティノス Kratinos

3件 の用語解説(クラティノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラティノス
クラティノス
Kratinos

[生]前484頃.アテネ
[没]前423頃
ギリシアの喜劇作家。アリストファネスエウポリスとともに三大作古喜劇作家の一人。政治風刺と童話的要素,文学批判と神話のもじりが入り交り,特に戦争推進者ペリクレスに対する攻撃がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラティノス【Kratinos】

古代ギリシア,アッティカ古喜劇三大作家のひとり。生没年不詳。記録によれば,前453年に,喜劇競演で最初の勝利を得,前423年にアリストファネスの《雲》を破って得た勝利が最後だとされていることから,アリストファネス,エウポリスより,およそ一世代年長であると考えられる。時代に対する痛烈な批判と,爆発的な笑いというアッティカ古喜劇の特異な性格を創り出したのはこのクラティノスであるとされている。彼の作品に関しては,27のタイトルが知られ,450個の断片が伝わっているに過ぎない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クラティノス【Kratīnos】

紀元前五世紀の古代ギリシャの喜劇詩人。アリストファネス・エウポリスと並ぶアッティカ古喜劇三大詩人の最古の人。前423年に喜劇競演でアリストファネスの「雲」を破り勝利した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラティノスの関連キーワードアリストファネスエウポリスギリシア悲劇メナンドロスギリシャ語ギリシア喜劇ビザンティン文学アッティカ古喜劇《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone