コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラフチンスキー クラフチンスキーKravchinskii, Sergei Mikhailovich

3件 の用語解説(クラフチンスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラフチンスキー
クラフチンスキー
Kravchinskii, Sergei Mikhailovich

[生]1851.7.13. ヘルソン,ノーブイスタロドゥーブ
[没]1895.12.23. ロンドン
ロシアの作家,革命家。筆名ステプニャーク Stepnyak。 20歳の頃から革命運動に加わり,M.バクーニンや P.ラブロフの思想に共鳴し,1872年,ペテルブルグチャイコフスキー団に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラフチンスキー【Sergei Mikhailovich Kravchinskii】

1851‐95
ロシアの革命家。筆名ステプニャクStepnyak。ステプニャク・クラフチンスキーとも呼ばれるポルタワ県生れ。軍医の子。1870年ペテルブルグのミハイル砲兵学校卒業。71年,林業専門学校に入学したが73年に中退。1872年から初期のナロードニキの組織チャイコフスキー団に入り,74年亡命,75年ヘルツェゴビナ(現,ユーゴスラビア領)の反乱に,77年にはイタリアベネベント武装蜂起に参加。78年帰国しメゼンツォフ憲兵長官を刺殺,国外に逃れ,80年代には文筆活動により国内のナロードニキの運動を支援すると同時に,その運動を国外に紹介した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラフチンスキー
くらふちんすきー
Сергей Михайлович Кравчинский Sergey Mihaylovich Kravchinskiy
(1851―1895)

ロシアの革命家、作家。軍医の子として生まれる。砲兵学校卒業後1870年からナロードニキ運動に参加、農村での啓蒙(けいもう)宣伝活動ののち74年にスイスに亡命。78年ふたたび国内に潜入、憲兵長官メゼンツェフを刺殺し、「死には死を」の檄(げき)を発して、革命的テロリズムの正当性を訴えた。その後はヨーロッパ各地に居住し、ステプニャークСтепняк/Stepnyakの名で『地下ロシア』(1882)、『皇帝(ツァーリ)専制下のロシア』(1885)などの著作を英語で出版、ロシア革命運動の倫理的高潔さをヨーロッパの読者層に紹介したことで知られる。[渡辺雅司]
『佐野努訳『地下ロシア』(1970・三一書房) ▽漆原隆子訳『ツァー権力下のロシア』(1969・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラフチンスキーの関連キーワードリゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン万国博覧会万博EXPO

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone