クリオネ

デジタル大辞泉の解説

クリオネ(clione)

《学名の一部からの名》ハダカカメガイ科の巻き貝ハダカカメガイの通称。貝殻はなく、体はむきだしで半透明。形は十字型で頭部の消化器が赤い。体長約3センチ。水中を羽ばたくようにして浮遊し、仲間の巻き貝を捕食する。日本では北海道のオホーツク海沿岸に流氷とともに現れる。学名クリオネ‐リマキナ(clione limacina)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

クリオネ【Clione】

マキガイ綱ハダカカメガイ目の一種ハダカカメガイの通称。貝殻をもたない貝の仲間。体長約2センチメートル。日本ではオホーツク海沿岸で流氷と共に見られ、白く透き通った体にあるはねを動かして泳ぐ。流氷につくプランクトンを主な餌とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリオネの関連情報