クリスティアン・フォン・ブラウンシュワイク(英語表記)Christian von Braunschweig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1599.9.20. グレーニンゲン
[没]1626.6.16. ウォルフェンビュッテル
三十年戦争の際のプロテスタント派のドイツの軍人将軍。ブラウンシュワイク公ハインリヒ・ユリウスの子で,叔父のデンマーク王クリスティアン4世の庇護を受けて旧司教領ハルバーシュタットの主管者となる。軍事を好み,三十年戦争の初期,ファルツ伯フリードリヒの傭兵隊長として,J.ティリーのカトリック連合軍に敗れはしたが,その豪勇をもって知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android