クリスティアン・フォン・ブラウンシュワイク(英語表記)Christian von Braunschweig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスティアン・フォン・ブラウンシュワイク
Christian von Braunschweig

[生]1599.9.20. グレーニンゲン
[没]1626.6.16. ウォルフェンビュッテル
三十年戦争の際のプロテスタント派のドイツの軍人,将軍。ブラウンシュワイク公ハインリヒ・ユリウスの子で,叔父のデンマーク王クリスティアン4世の庇護を受けて旧司教領ハルバーシュタットの主管者となる。軍事を好み,三十年戦争の初期,ファルツ伯フリードリヒの傭兵隊長として,J.ティリーのカトリック連合軍に敗れはしたが,その豪勇をもって知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android