クリスマス島(読み)くりすますとう(英語表記)Christmas Island

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリスマス島(太平洋中央部)
くりすますとう
Christmas Island

原地綴(つづ)りはKiritimati Island。太平洋中央部、ポリネシア北西部のライン諸島中にある環礁。キリバス共和国に属する。人口3225(1995)。北西から南東へ長さ160キロメートル、環礁の面積606平方キロメートル、陸部244平方キロメートル。探検家クックが1777年のクリスマスをここで過ごしたことから命名。かつてグアノ(鳥糞(ちょうふん)肥料)、ココヤシ、真珠貝の採取で知られた。1956年から62年まで、アメリカ、イギリスの核爆発実験が行われたため、住民は一時激減したが、79年のキリバス独立後は政府の復興政策でコプラ産業や観光に力が入れられ、タラワ、ホノルルとの間に空路も開かれてホテルも建設された。また、日本が打ち上げたロケットの追跡を行う、宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))のダウンレンジ局(クリスマス移動追跡所)が設置されており、1976年より運用されている。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android