コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライン諸島 ラインしょとうLine Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライン諸島
ラインしょとう
Line Islands

中部太平洋,北緯6°23′~南緯 11°26′,西経 162°25′~150°14′にある環礁群。北部のキングマン,パルミラジャービスの3島のみアメリカ合衆国領で,他はキリバスに属する。このうち北部のワシントン,ファニング,クリスマスの3島は 1888~89年にイギリス領となり,1916年にギルバート・エリス諸島植民地に編入され,南部のモールデン,スターバック,ボストック,キャロライン,フリントの5島は 1866~88年にイギリス領となり,1972年にギルバート・エリス諸島植民地に編入された。キリバスに属する面積は 412km2。これらの島々はかつてグアノ採掘や海底電線中継地として利用されたこともあったが,現在はギルバート諸島から移住した住民がワシントン,ファニング,クリスマスの3島でココヤシ栽培に従事しているのみで,そのほかの島々は無人島。人口 4782 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ライン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ライン諸島】

Line Islands》太平洋中部、ハワイ諸島の南東、フランス領ポリネシアとの間に連なる諸島。ほぼ赤道を境に北ライン諸島と南ライン諸島に分かれる。クリスマス島カロリン島をはじめ、多くはキリバスに属し、ほかパルミラ島、ジャービス島、キングマン環礁が米国領に属す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライン諸島
らいんしょとう
Line Islands

太平洋中部、ハワイ諸島の南1500キロメートルから南南東へかけて、フランス領ポリネシアとの中間に連なるサンゴ礁の島々。ほぼ赤道の線で北ライン諸島と南ライン諸島の南北2群に分かれる。北ライン諸島はキングマン礁Kingman Reef、パルミラPalmyra島、ワシントンWashington島、ファニングFanning島、クリスマスChristmas島と赤道のすぐ南のジャービスJervis島の6島、南ライン諸島はモールデンMalden島、スターバックStarbuck島、ボストークVostok島、キャロラインCaroline島、フリントFlint島の5島からなる。陸地総面積514平方キロメートル。これらのうちキングマン礁、パルミラ島、ジャービス島はアメリカが、それ以外の北ライン諸島はイギリスが領有し、南ライン諸島は両国が共同管理していたが、1979年ギルバート諸島およびフェニックス諸島とともにキリバスとして独立し、そのライン諸島区ということになった。かつてはファニング島やフリント島にはココヤシのプランテーションが開かれた。また全島ともグアノ(燐(りん)鉱石)の産出があったが、それが採掘され尽くして無人化したものが多く、いまではパルミラ島、ファニング島、クリスマス島に少数の住民がいるほかは定住人口はきわめて少数である。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ライン諸島の関連キーワードクリスマス島(太平洋中央部)ファニング[島]クリスマス[島]スターバック島ミクロネシアワシントン島オセアニア海洋資源

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android