コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュイタンス

百科事典マイペディアの解説

クリュイタンス

ベルギー出身のフランスの指揮者。指揮者を父にアントワープアントウェルペン)に生まれ,早くからオペラに親しむ。生地の音楽院を14歳で卒業し1927年にオペラ指揮者としてデビュー。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリュイタンス
くりゅいたんす
Andr Cluytens
(1905―1967)

ベルギーの指揮者。アントワープ生まれ。同地の王立音楽院を出て、王立歌劇場の合唱指揮を経て常任指揮者となる。1932年にフランスに移り、トゥールーズ、リヨン、ボルドーでオペラ指揮者として活躍。43年パリ音楽院管弦楽団ならびにフランス国立放送管弦楽団の指揮者となり、フランス楽界に地歩を築く。47年パリ・オペラ・コミック音楽監督、49年パリ音楽院管弦楽団常任指揮者に就任、死去するまでこの地位にあった。64年(昭和39)この楽団と初来日。フランスの近・現代音楽を精妙な響きを駆使して魅力的に聞かせた一面、ベートーベンやワーグナーのドイツ音楽でも、温雅な表現のなかに確かな構成力を感じさせ、新しい境地を開いた。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クリュイタンスの関連キーワードトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団パリ・オペラ・コミック座ジョルジュ プレートルフランソワ グロリューベルギー国立管弦楽団パリ管弦楽団プレートル園田 高弘3月26日園田高弘

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android