クリュベイエ(英語表記)Cruveilhier, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリュベイエ
Cruveilhier, Jean

[生]1791.2.9. リモージュ
[没]1874.3.6. スーサク
フランスの病理学者。モンペリエ大学外科教授,パリ大学の最初の病理学教授などを歴任。主著『人体病理解剖学』 Anatomie pathologique du corps humain (1828~42) は当時の名著といわれた。彼は多発性硬化症を最初に記載し,また進行性筋萎縮症についてきわめて早くから指摘していたため,後者をしばしばクリュベイエ病と呼ぶ。過酸症による胃潰瘍も,クリュベイエ潰瘍と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android