コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多発性硬化症 たはつせいこうかしょうmultiple sclerosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多発性硬化症
たはつせいこうかしょう
multiple sclerosis

脱髄 (性) 疾患の一つ。脳,脊髄など,中枢神経系の各所に散在性に脱髄を起す原因不明の疾患で,部位,時間ともまちまちに発病し,緩解と悪化を繰返す。原因については,ウイルス説,自己免疫説が有力で,感染症,外傷,妊娠,精神的ショックなどが誘因となる。 15~50歳で発病し,女性にやや多い。おもな初発症状は視力障害,運動麻痺,知覚障害で,シャルコーの3症状といわれる眼球振盪企図振戦,断綴的言語がみられることは,むしろまれである。根本的治療法はないが,副腎皮質ステロイドが有効。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たはつせい‐こうかしょう〔‐カウクワシヤウ〕【多発性硬化症】

中枢神経系の白質部分に、多発的、散在的に髄鞘ミエリン鞘)が破壊される脱髄変化が起こる病気。原因不明。視力障害・運動失調・感覚異常などの症状がみられる。厚生労働省特定疾患の一つ。MS(multiple sclerosis)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

多発性硬化症

 中枢神経系の白質に脱髄性のグリオーシスが発生する疾病

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

家庭医学館の解説

たはつせいこうかしょう【多発性硬化症 Multiple Sclerosis】

[どんな病気か]
 原因のわからない特発性脱髄疾患(とくはつせいだつずいしっかん)(「脱髄疾患とは」)の代表です。
[症状]
 もっとも多く現われるのは視力の低下、複視(ふくし)(物が二重に見える)、眼球振盪(がんきゅうしんとう)(眼球が震(ふる)える)、眼痛(がんつう)などの目の症状です。ついで知覚障害(ちかくしょうがい)(手足のしびれ)、運動失調(うんどうしっちょう)(手足の動きがぎこちない)、運動まひ(手足に力が入らない)、直腸膀胱障害(ちょくちょうぼうこうしょうがい)(大小便の排泄困難(はいせつこんなん)や失禁(しっきん))、めまい、構音障害(こうおんしょうがい)(しゃべりにくい)、嚥下障害(えんげしょうがい)(飲み込みにくい)などがおこります。
 これらの症状が強く現われる増悪期(ぞうあくき)と、症状の和らぐ寛解期(かんかいき)をくり返しますが、症状のすべてがでそろうわけではなく、寛解期には、一部の症状は消失または軽減し、ある症状は後遺症(こういしょう)として残るというように複雑な経過をたどります。
 増悪期と寛解期とをくり返すうちにいろいろな症状が後遺症として残り、生活機能が失われ、知能が低下することもあります。
 多発性硬化症のうち、両眼の視力障害(視神経炎(ししんけいえん))、歩行障害、下半身の知覚障害と大小便の失禁(横断性脊髄炎(おうだんせいせきずいえん))が数週間以内に相ついでおこるものを視神経脊髄炎(ししんけいせきずいえん)(デビック病)といいます。
[検査と診断]
 診断には、眼科の検査、髄液(ずいえき)検査、筋電図、脳波(目・耳・皮膚を刺激する誘発電位の検査を含む)、CT、MRI、血液検査などが必要です。
[治療]
 増悪期には入院しての安静が必要です。そのうえで副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬やACTH(副腎皮質刺激ホルモン)などを使用します。寛解期には運動障害を改善させるためにリハビリテーションがたいせつです。
 妊娠・分娩(ぶんべん)、かぜなどの感染症、喫煙、直射日光、心労などがきっかけとなって症状が悪化しますから、これらのことを避けることが必要です。
 この病気は厚労省の特定疾患(とくていしっかん)(難病(なんびょう))に指定されており、医療費の自己負担分は公費で支払われます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たはつせいこうかしょう【多発性硬化症 multiple sclerosis】

脱髄疾患の一つ。中枢神経系の白質に多発性の脱髄斑が出現し,複数の病変部位による中枢神経症状が増悪・寛解を繰り返すことを特徴とする神経病。欧米の高緯度地域に多いが,日本では比較的まれであり,人口10万人当り1~4である。発病年齢は15~50歳であり,女性にやや多い。日本では視力障害で発症することが多いが,運動麻痺,知覚異常,運動失調,構語障害をはじめ,どのような中枢神経障害でも起こしうる。原因は不明であるが,環境因子,遺伝因子,ウイルス感染,免疫異常などが関与している可能性が考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たはつせいこうかしょう【多発性硬化症】

脱髄疾患の一。中枢神経系の白質に多発性の脱髄病変が起きる疾患。運動麻痺・知覚障害などの神経障害を伴う。原因は不明。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

多発性硬化症

神経線維を覆っている髄鞘(ずいしょう)に炎症が起こり、多様な神経症状を起こす疾病。厚生労働省指定の特定疾患(難病)で、略称はMS。脳や脊髄などの各部位に多発し病巣が固く感じられるため、この名称がついた。欧米の白人に多く、北ヨーロッパでは10万人に50人~100人ほどの割合で発症する。日本では10万人に10人程度と少ないが、年々増加傾向にある。平均発病年齢は30歳前後で、女性の方が男性より約3倍多く発症する。伝染や遺伝はせず、ウイルス感染・日照時間不足・喫煙などを契機として異常な免疫反応が起こり、髄鞘を傷つけることが原因と考えられている。視神経や脊髄など冒される部位により、視力低下・視野欠損・歩行障害・手足の痺れ・運動麻痺・排尿障害などが起こる。大脳で進行すると脳の萎縮を起こし、認知機能障害などに至ることがある。症状の強い急性期には、副腎皮質ホルモンや血液浄化療法(アフェレーシス)などを用い、各症状に応じた対症療法やリハビリテーションを行う。再発・進行防止には、インターフェロンβやフィンゴリモド(免疫抑制剤)などが用いられている。予後は、ほとんど症状が残らない人もいる反面、発症当初から寝たきりとなる場合もある。

(2014-9-2)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多発性硬化症
たはつせいこうかしょう

中枢神経系(大脳、脳幹、視神経、小脳、脊髄(せきずい)など)の白質に散在性の脱髄病変をおこしてくる原因不明の疾患で、厚生労働省特定疾患(難病)の一つとされている。英語でmultiple sclerosisとよばれているが、その頭文字を取ってMSと略称されることが多い。日本では人口10万人に対し8~9人の患者がみられるが、世界的にみて寒冷地にきわめて多く、ノルウェー、イギリス、スウェーデンなどでは人口10万人に対し40~80人と、日本の十倍近くの有病率を示している。日本を含めアジア地域には少ないとされている。
 発病年齢は10~60歳と広い年齢層にみられるが、30歳代にもっとも多く、男女比は女性にやや多い。原因は不明であるが、誘因としては感冒、発熱、妊娠、分娩(ぶんべん)などがあげられている。症状としては、突然の一側または両側の視力障害、視神経炎、反射亢進(こうしん)、しびれ、運動失調、眼振(眼球の律動的運動)、脊髄症状など中枢神経系に病巣の多発した症状が現れること、症状の寛解や再発のあることが特有で、両側の視神経炎と脊髄炎症状を示すデビック病も多発性硬化症の一型である。予後はかならずしも悪くはなく、進行性経過を示してくるものは約20%である。治療としては、急性期には副腎(ふくじん)皮質ステロイドの投与が有効であるが、他の免疫抑制剤(アザチオプリンなど)も効果がある。また、機能障害はリハビリテーションでかなり改善されるので、再発に注意しながら試みるのがよい。[里吉営二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多発性硬化症の言及

【脱髄疾患】より

…この疾患の原因となるパポバウイルスpapovavirusは中枢の髄鞘保持細胞であるオリゴデンドログリアoligodendrogliaを選択的に侵すため,脱髄性の病変が形成される。(4)ヒトにおける中枢神経系の脱髄疾患中最も重要なものである多発性硬化症はまだ原因不明の疾患であり,自己免疫機転による可能性と,髄鞘保持細胞に選択的な感染症である可能性の両方が考えられている。多発性硬化症の特徴の一つは,自然経過として寛解・増悪を繰り返すことであるが,この原因についてもまだ明らかにされていない。…

※「多発性硬化症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多発性硬化症の関連キーワード脳、脊髄、神経系の主要な症状拡大身体障害状態スケール難治性疾患克服研究事業プラズマフェレーシス脊髄横断障害球後視神経炎インポテンスクリュベイエ神経因性膀胱運動失調症副神経麻痺神経系疾患けいれん神経内科伊藤智也ミエリン神経疾患デュプレ片麻痺神経痛

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多発性硬化症の関連情報