コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルージウス Crusius, Christian August

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルージウス
Crusius, Christian August

[生]1715.1.10. メルツェブルク近郊レウナ
[没]1775.10.18. ライプチヒ
ドイツの哲学者,神学者。ライプチヒ大学教授。経験主義の立場に立ち,ライプニッツ,C.ウォルフの合理主義を批判した。主著"De usu et limitibus principii rationis determinantis,vulgo sufficientis" (1743) ,"Weg zur Gewissheit und Zuverlässigkeit der menschlichen Erkenntnis" (47) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クルージウス

ドイツの哲学者,神学者。ライプチヒ大学教授。ライプニッツ=ウォルフ哲学の最大の論敵で,カントが高く評価した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

クルージウスの関連キーワード聖書主義

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android