クレオフォンの画家(読み)クレオフォンのがか(英語表記)Kleophon Painter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレオフォンの画家
クレオフォンのがか
Kleophon Painter

古代ギリシアの赤像式陶画家。前440~前430年頃にアテネで活躍。ロシアのエルミタージュ美術館所蔵のスタムノス(水がめ)に,クレオフォンとメガクレスの名(カロス名)を記しているため,この名で呼ばれる。彫刻家フェイディアスの作風に強く影響されている。代表作は『出陣』(前430頃,ミュンヘン国立古代美術館)。(→赤像式陶器

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android