コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレオフォンの画家 クレオフォンのがかKleophon Painter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレオフォンの画家
クレオフォンのがか
Kleophon Painter

古代ギリシアの赤像式陶画家。前440~前430年頃にアテネで活躍。ロシアのエルミタージュ美術館所蔵のスタムノス(水がめ)に,クレオフォンとメガクレスの名(カロス名)を記しているため,この名で呼ばれる。彫刻家フェイディアスの作風に強く影響されている。代表作は『出陣』(前430頃,ミュンヘン国立古代美術館)。(→赤像式陶器

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クレオフォンの画家の関連キーワードディノスの画家

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android