コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準音 ヒョウジュンオン

6件 の用語解説(標準音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐おん〔ヘウジユン‐〕【標準音】

音楽で、音の絶対的な高さを定める際の標準となる音。時代・地域により差はあるが、現在は一般に(一点イ)音を440ヘルツとした国際標準音が広く用いられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

標準音【ひょうじゅんおん】

標準基音,標準高度,標準調子,絶対調子,基準調子などともいう。standard pitch。音楽で用いる音の高さの基準とされる音。西洋音楽では19世紀後半から各国の協議で1点イ音を標準にその統一が図られ,現在は1939年の国際協定により,国際基準高度1点イ(A)=440Hz(ヘルツHertz)が演奏会高度として楽器の調律などに使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんおん【標準音 standard pitch】

音楽において音の絶対音高を規定する際に基準となる音。音名とその周波数(振動数ヘルツHertz(Hz))で示す。どの音を標準音とするかは民族や時代によりさまざまで,ジャンルによって異なる場合もあった。ヨーロッパ音楽では伝統的にイ音が標準とされ,1939年のロンドン国際会議以後はイ=440Hz(室温20℃のとき)が国際標準音international pitchとして認められている。日本では1948年に文部省が440Hzを採用し今日にいたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんおん【標準音】

絶対音高を規定する際に基準となる音。一点イ音を440ヘルツと定めたものが国際標準音として行われている。また、日本音楽では壱越いちこつが標準音。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準音
ひょうじゅんおん

国際標準音」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

標準音
ひょうじゅんおん

音楽に用いられる音の絶対的な高さ(ピッチ)の標準。ヨーロッパでは古くから「イ」の音が標準音として採用されており、現在は(一点イ)が440ヘルツと定められている。これは、1939年のロンドン国際会議以来、世界的に用いられているものだが、日本では1948年(昭和23)に文部省(現文部科学省)が規定するまでは、=435ヘルツの古い標準音を用いていた。標準音が振動数によってはっきりと示されるようになるのは、19世紀以後のことである。
 18世紀以前には国際的な標準音の規定がなく、時代や地域、また音楽の種類や演奏の場によって、まったく別のピッチが用いられていた。19世紀に入ってからは、イギリスやドイツなどで標準音の規定が試みられ、1859年にフランスが定めた=435ヘルツは、国際標準音としてヨーロッパでは比較的普及した。しかし、アメリカでは440ヘルツのほうが一般的であり、またイギリスでは19世紀後半には439ヘルツが標準音としてもっとも普及していた。国によっては450ヘルツ以上の高いピッチが用いられたこともある。現在では=440ヘルツが国際標準音として世界的に用いられているが、実際の演奏にあたってはこれより高めに調律されることが多く、また古い音楽の演奏の場合には、その時代の楽器(複製されたものも含む)を用いて、歴史的なピッチを再現することも多い。[千葉潤之介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

標準音の関連情報