クレオメネス(3世)(読み)くれおめねす(英語表記)Kleomenes Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレオメネス(3世)
くれおめねす
Kleomenes
(前260ころ―前219)

スパルタ王(在位前235~前219)。父レオニダスはアギス4世の改革を失敗させたが、彼は新たに改革を志した。対アカイア同盟戦の指揮を任されると、これを利用して反対派を一掃した。スパルタの土地を再分配して市民権喪失者を復権させ、一部ペリオイコイ(スパルタの自由な非市民)や外国人にも市民権を与え、4000の重装歩兵を擁する市民団を再興した(前227)。しかし社会改革の波及を嫌ったアカイア同盟がマケドニアと結んだため、クレオメネスは一部ヘイロタイ(ヘロット。隷属農民)を解放し武装させてこれに備えたが、戦闘のすえセルラシアに敗れた(前222)。彼はエジプトに逃れて再起を図ったが、彼の計画はプトレマイオス4世にいれられず、アレクサンドリアで蜂起(ほうき)したが、失敗して自害した。[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android