コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカイア同盟 アカイアどうめい

百科事典マイペディアの解説

アカイア同盟【アカイアどうめい】

前280年,ペロポネソス半島北部のアカイアAchaia諸都市によって結成され,アイトリア同盟とともにギリシア本土の二大同盟の一つ。諸勢力と覇権を争ったがローマの圧迫を受けて前146年解体された。
→関連項目アカイア人メッセニア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカイアどうめい【アカイア同盟】

ペロポネソス半島北部のアカイア地方を中心とした都市同盟。初期の同盟は設立年代が不明であるが,12の諸都市から成り,前4世紀を通じて存続。その後解体され,前280年に四つの都市が集まって再結成された。前251年シキュオンが加わることによってアラトスという卓越した指導者を得,その勢力は著しく拡大した。その後マケドニア王国に従属,さらにアイトリア同盟との同盟市戦争(前219‐前218)で弱体化した。一時再びペロポネソス全体の覇権を掌握することもあったが,前150年スパルタとの抗争でローマと敵対関係に入り,前146年ムンミウスLucius Mummius Achaecusに敗れて同盟は縮小され,存在意義を失った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカイア同盟
あかいあどうめい

古代ギリシアのペロポネソス半島北部アカイアAkhaa地方に興った同盟。アカイアの12のポリス(都市国家)の古い連合体を受け継ぐものとして、前280年に成立した。同盟の長は初め2人、前255年以後は1人の将軍で、ほかにデミウルゴイdmirgoiとよばれる10人の役人団、および、同盟総会、同盟評議会という二つの会議などがあり、加盟ポリスの市民は、各自が所属するポリスの市民権と同盟の市民権を二重に所有した。アカイア以外の地域のポリスの加盟をも認めて発展し、前191年以降はほとんどペロポネソス半島全域を覆う勢力となった。しかし、前146年ローマに敗れて解体させられ、以後は祭儀団体としてのみ存続した。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカイア同盟の言及

【アラトス】より

…前264年,父が殺害されアルゴスに逃れる。前251年に帰国して僭主支配を倒し,アルゴスをアカイア同盟に加盟させた。この後プトレマイオス3世の援助を受けて,指導者となり同盟を拡大させた。…

【クレオメネス[3世]】より

…在位,前235‐219年。アギス4世の未亡人アギアティスと結婚して,リュクルゴス体制の復活による国力復興の理想を継承し,アカイア同盟と戦って(前228)国内第1の実力者となる。前227‐前226年の冬リュクルゴス体制を復興するために負債の帳消しを断行し,全国の土地を4000の分割地に分け,ペリオイコイの一部を市民に編入することによって,約700に減少していたスパルタ市民数を4000とした。…

【コリントス】より

…ヘレニズム時代には商工業も繁栄を取り戻し,市は〈ヘラスの星〉と呼ばれたが,重要な戦略要塞都市でもあったので,しばしば支配者が交替した。前247年アラトスの急襲を受けてアカイア同盟に加入。前223年再びマケドニアの支配下に入ったが,ローマとマケドニアの戦争で勝者ローマから自由都市を宣せられ(前196),アカイア同盟に復帰。…

【スパルタ】より

…前338年マケドニアを盟主にコリントス(ヘラス)同盟が結成されたが,スパルタはこれに加盟せずに抵抗を続けた。
[ヘレニズム・ローマ期]
 ヘレニズム期のスパルタは,アカイア同盟にもアイトリア同盟にも属さず,孤立していた。前240年代からは社会改革が行われ,貴重な史料を残している。…

【フィロポイメン】より

…古代ギリシア,メガロポリスの将軍,政治家。スパルタ王クレオメネス3世を破るにあたり武勲をたて(前222),その後アカイア同盟の将軍としてスパルタのマカニダスとナビスを破った。一時影響力を失ったが,前193年ころ以降はアカイア同盟の指導者として活躍。…

※「アカイア同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカイア同盟の関連キーワードメガロポリス(ギリシアの古代都市)アラトス(政治家、将軍)エリス(ギリシアの地名)総合年表(ヨーロッパ)クレオメネス[3世]クレオメネス(3世)コリント(都市国家)都市同盟(古代)アテネ(ポリス)フィロポイメンアルカディアポリュビオスメガロポリスポリビオスアギス4世ヘレニズムシキオンエピルスハルキスナビス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android