コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロット heilōtes; helots

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロット
heilōtes; helots

ギリシア語ではヘイロタイ。古代ギリシア,スパルタにおける奴隷身分の者をさす言葉。おそらくはラコニアの被征服先住民から成っており,のちにはメッセニア人も征服されてこの身分におとしめられた。彼らは国家共同体の農業奴隷として市民間に割当てられ,主人の土地を耕して一定の年貢を納めた。戦時には主人につき従って,軽装兵や船の漕手として働かされ,参政権は一切なく,恐怖支配のもとにおかれていた。スパルタ人は,数のうえで圧倒的に優勢な彼らの反乱の危険に常にさらされ,彼らの統治,掌握に苦慮し,毎年エフォロスは任につく際,ヘロットに戦争を宣した。メッセニアでは前 369年にテーベが,ラコニアではナビス王が彼らを解放した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘロットの関連キーワードクレオメネス(3世)アルキダモス2世エフィアルテスクリュプテイアパウサニアスギリシア語

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android