コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレスカス Crescas, Hasdai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレスカス
Crescas, Hasdai

[生]1340頃.バルセロナ
[没]1410頃.サラゴッサ
ユダヤ人,スペインのラビで哲学者。アラゴン王家の庇護を受く。主著は『神の光』 Or Adonai。マイモニデスゲルソニデスに反対の立場を取り,神への愛を永遠の至福への唯一の道として強調し宗教を主知主義より解放することを試みた。さらに彼は創造を存在の神よりの永遠かつ必然的な流出と解釈する。そのアリストテレス自然学への批判は新しい宇宙観の予告であり,ピコ・デラ・ミランドラや,またおそらくは G.ブルーノ,B.スピノザにも影響を与えた。また彼は絶対的な自由意志を否定し,人の意志は動機の因果性によって決定されると説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クレスカスの関連キーワードアルボ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android