コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレッシー George Babcock Cressey

世界大百科事典 第2版の解説

クレッシー【George Babcock Cressey】

1896‐1963
アメリカの地理学者。オハイオ州牧師の家に生まれた。元来地質学の出身であるが,砂丘や砂漠の研究で学位を得た幅の広い地理学者で,特に中国ソ連の研究者としても知られている。1923年に中国に渡り,北平(北京)や上海で研究や教授を続けた。29年に帰国しその後発表したオルドス砂漠の研究はよく知られている。シラキュース大学の教授に迎えられたり,アメリカ地理学会の会長,国際地理学会(IGU)の会長も務めるなど大いに活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレッシー
くれっしー
George Babcock Cressey
(1896―1963)

アメリカの地理学者。オハイオ州出身。1923年シカゴ大学で地質学、1931年クラーク大学で地理学の哲学博士号を取得し、1931年創設されたシラキュース大学地理学教室主任教授となる。1949~1952年国際地理学連合会長としてワシントンでの国際会議を成功させた。1956~1957年アメリカ地理学会長、1959~1960年アジア研究協会長を歴任。アジア、とくに中国の研究で知られ、主著に『中国の地理的基礎』(1934)、『アジアの土地と人』(1947)、『砂漠の水』(1957)、『ソ連の潜在力』(1962)などがある。1957年(昭和32)日本で行われた国際地理学連合地域会議の招待講演のために来日し、あわせて日本学術会議でも講演している。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

クレッシー

生年月日:1896年12月15日
アメリカの地理学者
1963年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

クレッシーの関連キーワードシカゴ学派生年月日学習理論

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android