コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレッシー George Babcock Cressey

2件 の用語解説(クレッシーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クレッシー【George Babcock Cressey】

1896‐1963
アメリカ地理学者オハイオ州で牧師の家に生まれた。元来は地質学の出身であるが,砂丘や砂漠の研究で学位を得た幅の広い地理学者で,特に中国やソ連の研究者としても知られている。1923年に中国に渡り,北平(北京)や上海で研究や教授を続けた。29年に帰国しその後発表したオルドス砂漠の研究はよく知られている。シラキュース大学の教授に迎えられたり,アメリカ地理学会の会長,国際地理学会(IGU)の会長も務めるなど大いに活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレッシー
くれっしー
George Babcock Cressey
(1896―1963)

アメリカの地理学者。オハイオ州出身。1923年シカゴ大学で地質学、1931年クラーク大学で地理学の哲学博士号を取得し、1931年創設されたシラキュース大学地理学教室主任教授となる。1949~1952年国際地理学連合会長としてワシントンでの国際会議を成功させた。1956~1957年アメリカ地理学会長、1959~1960年アジア研究協会長を歴任。アジア、とくに中国の研究で知られ、主著に『中国の地理的基礎』(1934)、『アジアの土地と人』(1947)、『砂漠の水』(1957)、『ソ連の潜在力』(1962)などがある。1957年(昭和32)日本で行われた国際地理学連合地域会議の招待講演のために来日し、あわせて日本学術会議でも講演している。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレッシーの関連キーワードアメリカの声アングロアメリカ中央アメリカホールアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメリカンチェリーアメリカの空アメリカの友人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone