コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレピス(英語表記)krēpis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレピス
くれぴす
[学]Crepis

キク科フタマタタンポポ属の総称。おもに北半球に分布し、200種ほど知られる。一年草または多年草で、日本には北海道にフタマタタンポポC. hokkaidoensis Babcockがまれに生育するのみである。園芸種としてよく栽培されるモモイロタンポポC. rubra L.は耐寒性の一年草で、イタリア、キリジアの原産。全体がタンポポに似ており、葉は裂片羽状葉で、根際から叢生(そうせい)する。4月に茎を叢生し高さ30~40センチメートルとなり、茎頂に4~5センチメートルのタンポポに似た淡紅色の頭状花を単生する。花はすべて舌状花である。白色の変種もある。じょうぶな植物で、9月中・下旬に播種(はしゅ)し、簡単な霜よけで越冬させるか、鉢仕立てにしてフレーム内で育苗する。日当りと排水のよい所であれば、土質を選ばずよく育つ。移植は嫌う。[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android