コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレートン Creighton, Mandell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレートン
Creighton, Mandell

[生]1843.7.5. カーライル
[没]1901.1.14. ロンドン
イギリスの国教会聖職者,歴史家。 1891年ピーターバラ主教,97年ロンドン主教。歴史著述に『エリザベスの時代』 The Age of Elizabeth (1876) ,『ローマ教皇政治の歴史』 History of the Papacy (5巻,82~94) ,『ウルジー枢機卿』 Cardinal Wolsey (88) などがあり,ケンブリッジ,オックスフォード両大学で教会史の講義を担当した。 86~91年歴史学の専門誌"English Historical Review"の初代編集者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレートン【Donald Grant Creighton】

1902‐80
カナダの歴史家。長くトロント大学教授。《セント・ローレンス川の商業帝国》(1937),《北の自治領》(1944)などでカナダ国の成立ちや性格の独自性を強く打ち出し,カナダ史の解釈に大きい影響を及ぼした。ジョン・A.マクドナルドを描いた《若き政治家》(1952)と《老首領》(1955)の2巻は希代の文章家でもあるクレートンの本領を遺憾なく示すすぐれた評伝。ほかに《コンフェデレーションへの道》(1964)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレートンの関連キーワードウィルソン(Thomas Woodrow Wilson)アメリカ合衆国史(年表)クレートン‐ブルワー条約ヘイ=ポンスフォート条約ヘイ‐ポンスフォート条約マーシャル・プランプログレシビズム連邦取引委員会反トラスト法パナマ運河シドナム持株会社ターザン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android