クロガネイソギンチャク(読み)くろがねいそぎんちゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)「クロガネイソギンチャク」の解説

クロガネイソギンチャク
くろがねいそぎんちゃく / 鉄磯巾着
[学] Anthopleura kurogane

刺胞(しほう)動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科に属する海産動物。北海道、本州の潮間帯を含めた浅海に産する。体は円筒形で高さ7~9センチメートル、径3~4センチメートル。体壁上部は灰緑色で、下方へ向かって淡色となり、下半部は肌色となる。口盤は灰褐色。触手は5環列で96本あり、灰褐色で白点を散布する。体壁上部には96縦列の吸着疣(いぼ)をもち、小石貝殻片などを多くつける。体壁上端にはクリーム色の周辺球を備える。海岸の岩礁の間の、のたまった所に普通にみられ、足盤を砂中の岩や石に付着させ砂上に触手を広げる。

[内田紘臣]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クロガネイソギンチャク」の解説

クロガネイソギンチャク
Anthopleura kurogane

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科。砂の中に体を埋め地表に触手を広げているイソギンチャク。高さ約 7cm,直径2~3cm。地中の石に足盤で付着して体を伸ばし,地面の上に触手を広げる。体の上部に小さなが集っていて,小石,貝殻や砂粒などをつけている。触手には白い斑点がある。北海道に分布し,低潮線の砂泥地にすむ。近縁種ヨロイイソギンチャクも瘤に砂粒をつけているが,瘤は体全体に散在し,砂の中に体を全部埋めていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報