コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロザル クロザル Cynopithecus niger; black ape

3件 の用語解説(クロザルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロザル
クロザル
Cynopithecus niger; black ape

霊長目オナガザル科。体長 60cm内外で,全身黒色あるいは黒褐色。頭に鶏冠状の長毛がある。マカック類とヒヒ類の中間的な特徴をもち,眉上隆起が顕著で,尻だこがある。尾は短い。雑食性。おもに海岸近くの水辺に小さな群れをつくって生活する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クロザル【Macaca niger】

セレベス島の北部とその付近の小島に生息する霊長目オナガザル科の旧世界ザルイラスト)。全身真っ黒か黒褐色。頭胴長は雄で約65cm,雌で約55cm。体重は雄で約11kg,雌で約6kg。尾は1~2cmと短い。眼窩(がんか)上とほおに著しい隆起が認められる。おとなの雄は頭上部によく発達した毛の房をもつ。顔の特徴がヒヒ属Papioに似ていることからマカック属から区別され,独立したクロザル属Cynopithecusに分類されたこともあるが,現在ではマカック属に含められることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロザル
くろざる / 黒猿
black ape
[学]Macaca niger

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物で、マカック属から独立させてキノピテクス属Cynopithecusとして分類することもある。スラウェシ(セレベス)島とその周辺の島にのみ分布する。雄は体長60センチメートル、体重10キログラムになるが、雌は小形である。尾は痕跡(こんせき)的で1~2センチメートル。全身黒または黒褐色の毛で覆われ、頭頂の毛は長く、直立して毛房になっている。無毛の顔も黒く、両性とも目の上と鼻の両側の骨が隆起していて、ヒヒに似る容貌(ようぼう)をもつ。熱帯多雨林で小さい群れをつくって生活し、果実などを食べているといわれる。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロザルの関連キーワードセレベス海セレベス島ディロス島パロス島セレベスベルクマンの法則セレベス[島]メガネザル(眼鏡猿)セレベス同盟セレベスメガネザル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロザルの関連情報