クロスカップリング

百科事典マイペディア「クロスカップリング」の解説

クロスカップリング

有機化学カップリングは結合形成を意味するが,クロスカップリングは有機合成化学の用語で,異なる構造をもつ二つの分子を結合させて一つの分子にする化学反応のこと。カップリング反応の一種である。特に,結合させることが難しい,有機化合物を構成するベンゼン環などの炭素どうしを選択的に結びつける化学反応を指す。パラジウム触媒に用いる溝呂木-ヘック反応根岸カップリング反応鈴木カップリング反応などが知られ,多彩なクロスカップリングのなかからとくに有用な医薬・農薬・液晶などの製造への利用に貢献した業績に対して,2010年ノーベル化学賞がR.F.ヘック根岸英一鈴木章の3名に授与されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android