コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスマン クロスマン Crossman, Richard Howard Stafford

2件 の用語解説(クロスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロスマン
クロスマン
Crossman, Richard Howard Stafford

[生]1907.12.15. ロンドン
[没]1974.4.5. バンバリー
イギリスジャーナリスト,政治家。オックスフォード大学卒業後,1930~37年同大学哲学科の研究員。 38~40年同大学常任委員。 43~55年『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』の編集者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロスマン
くろすまん
Richard Howard Stafford Crossman
(1907―1974)

イギリスの政治家、ジャーナリスト。オックスフォード大学を卒業、1938年に左派の雑誌『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』の副編集長となる。1945年労働党の下院議員に選出され、1964年からのウィルソン内閣で住宅・地方行政相、枢密院議長社会問題相を歴任した。ウィルソン内閣が倒れた1970年に、『ニュー・ステーツマン』の編集長となった。死後発表された日記は、ウィルソン内閣の内幕を伝えて興味深い。主著に現代政治の解明を目ざした『政府と人民』(1939)がある。[木畑洋一]
『小松春雄訳『政府と人民』(1955・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロスマンの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン交響曲ロンドン橋落ちたどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone