コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスマン Crossman, Richard Howard Stafford

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロスマン
Crossman, Richard Howard Stafford

[生]1907.12.15. ロンドン
[没]1974.4.5. バンバリー
イギリスのジャーナリスト政治家。オックスフォード大学卒業後,1930~37年同大学哲学科の研究員。 38~40年同大学常任委員。 43~55年『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』の編集者。第2次世界大戦中は外務省の心理作戦にたずさわった。 45年労働党下院議員となり,64~66年住宅・地方行政相,66~68年下院の党指導者,69~70年社会問題相をつとめた。 70~72年『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』の編集長。政治家とのテレビ対談で人気を集め,晩年は『タイムズ』のコラムニストとして健筆をふるった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロスマン
くろすまん
Richard Howard Stafford Crossman
(1907―1974)

イギリスの政治家、ジャーナリスト。オックスフォード大学を卒業、1938年に左派の雑誌『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』の副編集長となる。1945年労働党の下院議員に選出され、1964年からのウィルソン内閣で住宅・地方行政相、枢密院議長、社会問題相を歴任した。ウィルソン内閣が倒れた1970年に、『ニュー・ステーツマン』の編集長となった。死後発表された日記は、ウィルソン内閣の内幕を伝えて興味深い。主著に現代政治の解明を目ざした『政府と人民』(1939)がある。[木畑洋一]
『小松春雄訳『政府と人民』(1955・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロスマンの関連キーワードフェビアン主義12月15日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android