コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロス・ライセンス cross license

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロス・ライセンス
cross license

技術導入にあたり,技術料を金銭で支払う代り相互にもっている技術を交換し,提供し合う技術提携方式の一つ。欧米の企業間にあっては以前より活発に行われていたが,日本においても国際間の企業競争が激しくなるにつれて,外国企業とクロス・ライセンスをかわすケースがふえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクロス・ライセンスの言及

【技術提携】より

…第1は,企業間の特許またはノウ・ハウのライセンス(使用権の付与)契約がある。これには,ある企業が他の企業に対して特許またはノウ・ハウのライセンスを与える場合(一方的ライセンス),二つの企業が相互にライセンスを与え合う場合(クロス・ライセンス)および三つ以上の企業がライセンスを与え合う場合(多角的ライセンス)などがある。また,技術提携は合弁会社設立という形をとることもある。…

※「クロス・ライセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android