コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロタール1世 クロタールいっせいChlothar(Clotaire) I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロタール1世
クロタールいっせい
Chlothar(Clotaire) I

[生]479頃
[没]561. コンピエーニュ
メロビング朝時代のフランク王国2代目の王 (在位 558~561) 。クロービス1世の4人の子の末子。父の死後,4分国となったフランク王国のなかのソアソン王となり (511) ,兄と協力してチューリンゲン (531) ,ブルグンド (534) ,プロバンス (536) を征服。父の死後 20年で全ガリアを支配。3人の兄の死で,558年全フランクの王としてメロビング朝最盛期を現出。死後,領土は4子に分割された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロタール1世の関連キーワードジゲベルト1世総合指数ペイシストラトスペラギウス1世祖沖之南朝マルドニオスミュカレの戦南朝南斉