コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロビング朝 メロビングちょうMerowinger; Mérovingiens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メロビング朝
メロビングちょう
Merowinger; Mérovingiens

フランク王国前半期の王朝 (481~751) 。サリ族の首長メロービスの名による。5世紀末のクロービス1世がガリア全域を支配する統一的なフランク王国を建設したときに始るが,彼の死後,領土は4子に分割され,その後も分裂や内紛を繰返したので,国家の実権は宮宰の手に移った。特にカルル・マルテルがツール=ポアティエの戦い (732) でサラセン人の侵入を撃退してから権威を確立。その子ピピン (小ピピン) はローマ教皇の承認を得て国王ヒルデリヒ3世を廃してみずから即位し (751) ,ここにメロビング朝は滅び,カロリング朝となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メロビング‐ちょう〔‐テウ〕【メロビング朝】

《〈ドイツ〉Merowingerフランク王国前半期の王朝。フランク族の一派サリ支族のメロビス王の孫クロビスが、481年に全フランクを統一して創始。のちゲルマン諸部族を統合、領土を拡大したが、751年、宮宰カール=マルテルの子ピピンに王位を奪われた。→カロリング朝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

メロビング朝【メロビングちょう】

フランク王国の王朝(5世紀末から751年)。フランク諸族を統一建国したクロービスに始まり,以後周囲に拡大して西欧の大国家を形成。7世紀以降,分割相続のため分裂して内紛を繰り返し,政治の実権は分国宮宰の手に移った。文化的にはローマ美術,キリスト教美術,ゲルマン美術などを摂取消化し,のちの西欧美術発展の基礎を築いた。工芸やミニアチュールなど小規模な作品が多く,動植物をモティーフとする装飾的・文様的性格が強い。751年ピピン3世が王位を奪い,カロリング朝を創始。
→関連項目宮宰サン・ドニ修道院鷹狩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メロビングちょう【メロビング朝 Die Merowinger[ドイツ]】

5世紀末から8世紀中期までのフランク王国の王朝(図)。クロディオ,メロビスおよびヒルデリヒ(シルデリック)の3世代の小王の時代に,サリ系のフランクの一支族がマース,シェルデ両河間からソンム川河畔に,ローマの同盟者として進出した。5世紀後半,フランク諸部族はシュタム(部族国家)ではなく,ガロ・ロマン的都市をもとに小国家群を形成した。ヒルデリヒの子クロービスはローマ同盟者としての軍命令権を用いて,自家権力を強化し,同族の諸小王とソアソンシアグリウスのローマ人国家を滅ぼし(486),カトリック改宗により,アクイタニア(アキテーヌ)への勢力伸張を決定づけ,戦略拠点パリを王都とし,ライン川からガロンヌ川までを支配した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メロビングちょう【メロビング朝】

フランク王国前期の王朝。フランクの一派サリ族の長メロビスに王国名の由来をとり、孫のクロービスが481年創始。七世紀頃から宮宰が実権を握り、751年カロリング朝にとってかわられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メロビング朝
めろびんぐちょう
Merowingerドイツ語
Mrovingiensフランス語

フランク王国前半期の支配王朝。フランク人の一派サリ支族は、民族大移動期にライン川を越えトクサンドリアに進出した。当時フランク人は多くのパーグス(郡)に分かれ、それぞれ小王に支配されていたが、ブリュッセル付近にあったパーグス、デスパルグムの王クロディオClodioが勢力を振るい、メロビング朝の祖となった。その子が王朝名のもとになったメロビスMerovisである。その子チルデリヒ1世Childerich のとき、すでにサリ支族の統一はかなり進んでいたらしい。481年、その後を継いだ子のクロービス1世は、サリ支族だけでなくリブアリ支族、カマビー支族をも併合してフランク王国を建て、ロアール川流域に残っていたローマ人の勢力を滅ぼし(486)、西ゴート王国やブルグント王国を討ち、アラマン人を征服、ガリア南部から南西ドイツにまで勢力を広げた。彼はカトリックに改宗して、ローマ教皇との提携を図った。しかし彼の死(511)後、王国は4子テウデリヒ1世、クロドメール、チルデベルト1世、およびクロタール1世の間で分割され、兄弟は対外的には協力して、ブルグント王国を滅ぼし、西ゴート王国をピレネー山脈のかなたへ駆逐し、バイエルン人、チューリンゲン人を服属させるなど領土を広げたが、分国相互間では内訌(ないこう)を繰り返した。その後クロタール1世によって統一されたが、彼の死(561)後はふたたび4人の子供に分割され、とくにアウストラシア分国王ジギベルト1世とノイストリア分国王チルペリヒ1世との対立は、全国的な内乱にまで発展し、チルペリヒの子クロタール2世によって再統一された(613)とはいえ、国内豪族層の勢力が著しく強化され、実権は豪族層の頭領である各分国の宮宰の手に握られた。とくに、アウストラシアの宮宰カロリング家の台頭が著しく、ピピン(中)のときには全フランク王国の宮宰職を掌握し、その子カール・マルテルはトゥール・ポアチエの戦い(732)で侵入してきたイスラム軍を破り、実質上フランク王国の支配者としての地位を確立した。こうした基盤のうえに、その子ピピン(小)はクーデターを敢行し、最後のメロビング国王チルデリヒ3世を廃し、カロリング朝を開いた(751)。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android