コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロトンアルデヒド(英語表記)crotonaldehyde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロトンアルデヒド
crotonaldehyde

化学式 CH3CH=CHCHO 。アセトアルデヒドに少量のアルカリを加えると,二分子縮合体を生じる。これを加熱すると分子内脱水によってクロトンアルデヒドを生じる。刺激臭のある液体。融点-76.5℃,沸点 104~105℃。水に可溶。空気中で酸化されてクロトン酸を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロトンアルデヒド【crotonaldehyde】

不飽和アルデヒドの一つ。化学式CH3CH=CHCHO。刺激臭のある無色の液体。融点-76.6℃,沸点104.0℃。水,有機溶媒に可溶。アセトアルデヒドに塩化水素または塩化亜鉛を加えて加熱すると生ずるアルドールの脱水によって得られる。この方法で合成したものの二重結合の立体配置はトランス型である。工業的には,アルカリ触媒を用いたアルドール縮合と,酢酸触媒によるアルドールの脱水を組み合わせて製造する。重合しやすいので,ヒドロキノンなどの重合防止剤を加えて保存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロトンアルデヒドの言及

【アセトアルデヒド】より

… CH2=CH2+PdCl2+H2O―→  CH3CHO+Pd+2HCl Pd+2CuCl2―→PdCl2+2CuCl 2CuCl+1/2O2+2HCl―→2CuCl2+H2Oアセトアルデヒドは,多くの有機工業製品の製造原料となる重要な中間体である。酢酸,無水酢酸,ケテン,酢酸エチル,クロトンアルデヒド,n‐ブチルアルコール,2‐エチルヘキシルアルコール,クロラール,ピリジンなど多くのものが製造される。とくに酢酸,無水酢酸の製造に,かなりの部分が消費される。…

※「クロトンアルデヒド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android