コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロナマコ クロナマコHolothuria atra

3件 の用語解説(クロナマコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロナマコ
クロナマコ
Holothuria atra

棘皮動物門ナマコ綱楯手目クロナマコ科。体長 25cm内外。全身真黒で,体表から出される粘液で全体あるいは部分的に砂をかぶっている。背面に疣足 (いぼあし) ,腹面にそれとほぼ同大の管足がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロナマコ【Holothuria atra】

ナマコ綱クロナマコ科の棘皮(きよくひ)動物。別名クロシキリ吐噶喇列島以南の熱帯水域に広く分布し,沖縄や小笠原などの浅瀬のサンゴ砂の上ではふつうに見られる。食用にはしない。体長25cm内外で,全身が真っ黒であるが,体表から分泌する粘液で細かい砂を全身,または部分的につけていて,砂の付着しない部分が斑点模様になっている。口の周囲に20本の触手が並び,食道を囲む石灰環は10個の骨板からなる。背面にいぼ足,腹面に管足がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロナマコ
くろなまこ / 黒海鼠
[学]Holothuria (Halodeima) atra

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱クロナマコ科に属する海産動物。サンゴ礁の砂地に群生する中形で黒色のナマコ。体色は漆黒であるが、体表に粘液を分泌し、全身粉をまぶしたように白い砂粒をつけている。また、砂がむらになってつき、地色が黒斑(こくはん)になってみえるものもある。体はやや細めの筒形で、全体が柔らかい。体表に目だった凹凸はなく、腹面に小さな管足、背面に細かいいぼが多数ある。体長20~50センチメートル。触手は20本。南西諸島以南、インド洋、西太平洋のサンゴ礁海域に分布。沖縄地方では、深みにいる大形で肉厚のものをとり、乾製品として食用にする所もある。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロナマコの関連情報