コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロムウェル海流 クロムウェルカイリュウ

デジタル大辞泉の解説

クロムウェル‐かいりゅう〔‐カイリウ〕【クロムウェル海流】

太平洋赤道潜流の異称。1950年代に米国の海洋学者クロムウェル(Townsend Cromwell)が東太平洋で発見したところから名づけられた。→赤道潜流

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クロムウェル海流【クロムウェルかいりゅう】

赤道潜流

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

クロムウェルかいりゅう【クロムウェル海流】

赤道直下の水深100~300メートルを、幅200~300キロメートル、毎秒1メートル 以上もの流速で西から東へ流れる海流。1950年代の初め、アメリカの海洋学者クロムウェル(Townsend Cromwell1922~1958)が東太平洋で発見。赤道潜流。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロムウェル海流
クロムウェルかいりゅう

赤道潜流」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロムウェル海流
くろむうぇるかいりゅう
Cromwell Current

太平洋の赤道潜流の別称。1950年代にこの潜流を発見したアメリカの研究者クロムウェルTownsend Cromwell(1922―58)の名を冠してこの名でよぶこともあるが、旧日本海軍はずっと以前からその存在を知っていたという説もある。赤道表層は西向きの流れであるが、その直下、数十~200メートル程度の深さを、潜流は東向きに流れる。南北の幅は200~300キロメートルで、エルニーニョ現象が現れていないときは、流速は毎秒1メートル、流量は毎秒30~40メガトン(Mt)にも達する。西から東へ1万キロメートル以上の距離を流れる。距離では南極海流に次いで世界第2位、流量では黒潮に匹敵し第3位か4位である。エルニーニョ現象が現れると、潜流は弱まり、消失することもある。大西洋の赤道潜流は19世紀末にすでに観測されていた。インド洋の赤道潜流は北東季節風が吹く冬に現れる。[高野健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクロムウェル海流の言及

【赤道潜流】より

…赤道では表層に西向きの南赤道海流が流れていることは昔からよく知られていたが,1950年代に東太平洋で東向きの潜流が発見された。発見者クロムウェルT.Cromwellの名前を記念してクロムウェル海流とも呼ばれる。その後,大西洋やインド洋でも赤道潜流の存在が確認された。…

※「クロムウェル海流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロムウェル海流の関連キーワードガラパゴス諸島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android