クロンクハイト=カナダ症候群(読み)クロンクハイトカナダしょうこうぐん(英語表記)Cronkhite‐Canada syndrome

世界大百科事典 第2版の解説

クロンクハイトカナダしょうこうぐん【クロンクハイト=カナダ症候群 Cronkhite‐Canada syndrome】

1955年にアメリカのクロンクハイトL.W.CronkhiteとカナダW.J.Canadaが珍しいポリポーシス(無数のポリープがある状態)として報告した,胃腸のポリポーシスと脱毛つめ変形脱落,皮膚の褐色変化を伴う疾患。ポリープは小腸大腸に無数に発生するが,他のポリポーシスとは明らかに異なって腫瘍でも炎症でもない。原因不明のまれな病気。家族発生はなく,中・高年者に多い。軟便に始まり,ひどい下痢,食欲不振,体重減少が進行する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android