コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロンシュタット クロンシュタット Kronstadt

3件 の用語解説(クロンシュタットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クロンシュタット(Kronstadt)

ルーマニアの都市ブラショフドイツ語名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

クロンシュタット【Kronshtadt】

ロシア連邦、バルト海東端部の、サンクトペテルブルクの西方のコトリン島にある軍港。1703年ピョートル一世によって建設され、もとバルチック艦隊の母港。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロンシュタット
くろんしゅたっと
Кронштадт Kronshtadt

ロシア連邦西部、レニングラード州の軍港都市。1723年まではクロンシュロートКроншлот/Kronshlotとよばれた。サンクト・ペテルブルグ(旧称レニングラード)の西29キロメートルにある。1970年当時の人口3万9000。ピョートル1世(大帝)の命令で、新しい都サンクト・ペテルブルグを守るために、要塞(ようさい)として1703年に建設され、翌年5月18日から使用された。1720年代からバルチック艦隊の根拠地となる。1905年と06年にはロシアの帝政に反対する激しい反乱がここで起こったが、さらにロシア革命後の1921年3月には、今度は水兵らが「ボリシェビキのいないソビエトを!」のスローガンを掲げてソビエト政府に反乱を起こした。第二次世界大戦中の1941~43年には、ドイツ軍の攻撃からレニングラードを守るうえで大きな役割を果たした。町には18世紀の建築物も多く残っている。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロンシュタットの関連キーワードブラショブシェースブルクスケイ地区スケイ門聖ニコラエ教会ビルテルムブラショフブラン城ヘルマンシュタットメーメルブルク

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone