クーリエ衛星(読み)クーリエえいせい(英語表記)Courier Satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーリエ衛星
クーリエえいせい
Courier Satellite

アメリカ国防省の担当する軍事用通信衛星。世界各地に駐留しているアメリカ軍へ,直接指令を出すのに使用された。人工衛星の内部に積んだテープレコーダが,地上からの電波受信,記録し,指令地点の上空でこれを巻戻し,指令を地上へ送信する。 1960年 10月に軌道に乗ったクーリエ IBは直径 1.55m,重さ 227kgの球体で,5分間に約 35万語を送信できる。現在は使用されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クーリエ衛星【クーリエえいせい】

米陸軍の通信衛星の一つ。テープレコーダー式の装置をもち,地上からの電波を受信,記録し,指定地上空で再生して地上に送信する方式。1960年10月4日第1号打上げ。球形重量は227kg。以後打上げなし。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android