コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ク活用 クカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

く‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【ク活用】

文語形容詞活用形式の一。語尾が「く・く・し・き・けれ・○」と変化するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「く(から)・く(かり)・し・き(かる)・けれ・かれ」とすることもある。「よし」「高し」など。連用形の語尾「く」をとって名づけたもの。情意的な意を持つものの多いシク活用に対し、客観的、状態的な意を表すものが多い。→シク活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くかつよう【ク活用】

文語形容詞の活用形式の一。語尾が「く・く・し・き・けれ・○」と活用するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「く(から)・く(かり)・し・き(かる)・けれ・かれ」というようにもする。「よし」「清し」「おもしろし」などの語がこれに属する。 → シク活用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ク活用の関連キーワード喧しい・囂しいアルキド樹脂第一形容詞第二形容詞うたてし無礼し美し国厳しい深しいきぶい山口栞著しい厳めい荒し雄同じい喧しい危うい淡い太いけく

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android