ク活用(読み)クカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

く‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【ク活用】

文語形容詞の活用形式の一。語尾が「く・く・・き・けれ・○」と変化するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「く(から)・く(かり)・し・き(かる)・れ・かれ」とすることもある。「よし」「高し」など。連用形の語尾「く」をとって名づけたもの。情意的な意を持つものの多いシク活用に対し、客観的、状態的な意を表すものが多い。→シク活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くかつよう【ク活用】

文語形容詞の活用形式の一。語尾が「く・く・し・き・けれ・○」と活用するもの。これに補助活用のカリ活用を加えて、「く(から)・く(かり)・し・き(かる)・けれ・かれ」というようにもする。「よし」「清し」「おもしろし」などの語がこれに属する。 → シク活用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐かつよう ‥クヮツヨウ【ク活用】

〘名〙 文語形容詞の活用の型の一つ。「よし」「高し」などのように、語尾が終止形の「し」にあたる部分で「く・き・けれ」のように変化するもの。連用形の語尾をとって名づけたもの。「シク活用」の形容詞が、おもに主観的な感情または感覚を表わすのに対して、この活用に属する形容詞の多くは、客観的な性質や状態的な属性概念を表わす。「赤し・おもしろし・清し・けだかし・少なし・高し・強し・遠し・のどけし・はかなし・広し・めでたし」など。現代語では、終止形・連体形とも活用語尾は「い」となり、「シク活用」であった語も、その両形が「しい」となった結果、「ク活用」と「シク活用」との区別が失われた。ク活。クシキ活用。
※中等文法教本(1913)〈三矢重松・清水平一郎〉上「赤き花は美し。〈略〉赤きの類をク活用といひ」
[補注]富樫広蔭が弘化三年(一八四六)改正本の「詞玉橋」で「久ノ活」と称したのがもとである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android