コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グッドパスチュア症候群 グッドパスチュアしょうこうぐんGoodpasture syndrome

世界大百科事典 第2版の解説

グッドパスチュアしょうこうぐん【グッドパスチュア症候群 Goodpasture syndrome】

反復する肺出血と急速に進行する糸球体腎炎をおもな特徴とする比較的まれな病気。その原因は不明であるが,肺と腎臓に共通する抗体(抗基底膜抗体)によってひきおこされる自己免疫疾患であると考えられている。一般に若年男子にみられる。血痰や喀血で発症し,咳や呼吸困難などもしばしばみられる。数週~数ヵ月後にタンパク尿や血尿,浮腫などの腎臓症状があらわれる。しばしば風邪のような症状が先行する。胸部X線写真では,両側の肺に広範に瀰漫(びまん)性の小結節状,または斑状の陰影がみられるが,出血を繰り返すと肺の繊維化が進行し,線状や網状の影を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone