コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血漿交換

3件 の用語解説(血漿交換の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

血漿交換

 採取した血液から血漿を取り去り,血球部分を再び血液を提供した人に戻す方法.血球は別の同タイプの血漿や血清アルブミンなどと混合して戻される場合が多い.血漿の特別の成分を利用しようとする場合や,血漿中の有害成分を除くための治療などに用いられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

血漿交換【けっしょうこうかん】

血液を体外に取り出し,有害物質を含む血漿成分を除去し,健康な人の血漿成分及びアルブミンなどの置換剤と取り替える治療法。肝不全薬物中毒高コレステロール血症,免疫が関与すると思われる腎疾患,膠原(こうげん)病多発性骨髄腫などが対象になる。
→関連項目ギラン=バレー症候群重症筋無力症人工透析

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

けっしょうこうかん【血漿交換】

 免疫異常(めんえきいじょう)にともなう末梢神経障害の治療に用いられます。免疫に関与する血液中のたんぱくであるγ(ガンマグロブリンを除くために、血球(赤血球(せっけっきゅう)、白血球(はっけっきゅう)、血小板(けっしょうばん))以外の血液成分(血漿)を交換するものです。
 とくにγグロブリンだけを除く二重膜(にじゅうまく)ろ過法(かほう)や、特定の抗体(こうたい)だけを除く免疫吸着法(めんえききゅうちゃくほう)も行なわれます。
 ギラン・バレー症候群の急性期に威力を発揮します。
 正常のγグロブリンを大量に用いる方法も同様な効果があることが報告されていますが、保険診療ではまだ用いることができません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

血漿交換の関連キーワード移植免疫経口免疫先天性免疫能動免疫免疫学免疫体免疫反応液性免疫免疫寛容免疫原性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血漿交換の関連情報