コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グナーディヤ

百科事典マイペディアの解説

グナーディヤ

インドの物語作家。伝記,年代は明らかでない。パイシャーチー語という俗語で書かれた《ブリハット・カター》の作者。バッツァ国の王と王子の冒険などを枠物語とする大説話集で,後世の文学に数多く資料を提供したものであるが,原本は散逸して伝わらない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グナーディヤ

ブリハットカター」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グナーディヤ
ぐなーでぃや
Gudhya

生没年不詳。6世紀以前の古代インドの物語集作者。伝説によれば『ブリハットカター』(大説話集)の作者という。この本は10万頌(しょう)からなる大説話集で、パイシャーチー語という一種の俗語で書かれたと伝えられるが、原本は現存しない。サンスクリット語で要約した改作本が数種伝わっていて、有名なのはソーマデーバ(11世紀)の『カターサリットサーガラ』で、ジャイナ教徒によるプラークリット語の改作本『バスデーバヒンディ』も伝わっている。[田中於莵弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグナーディヤの言及

【ブリハット・カター】より

…古代インドの亡失した大説話集。作者グナーディヤGuṇādhyaの伝記,年代(3~7世紀の間)は明らかでない。10万頌の詩句から成り,パイシャーチーPaiśācī語という俗語で書かれたと伝えられ,バッツァ国のウダヤナ王の結婚と王子ナラバーハナダッタの冒険物語を枠物語とする説話集であったらしいが,原本は散逸して現存せず,サンスクリットで要約した改作本が数種伝わっている。…

※「グナーディヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グナーディヤの関連キーワードカターサリットサーガラダシャクマーラチャリタブリハット・カターバスデーバヒンディソーマデーバ説話文学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android