コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枠物語 わくものがたりframe story

世界大百科事典 第2版の解説

わくものがたり【枠物語 frame story】

一つの物語の中に複数の物語を含む小説形式。複数の話者が次々と語る短編の集成として全編が構成されるものをさすが,話者が交替しない《千夜一夜物語》なども枠物語と呼ばれる。西洋では,この形式はルネサンス期の文学に多くみられ,口承文芸から文字文芸への移行や,俗語の散文による小説の成立を示唆するものとして文学史上注目される。その典型的なものはボッカッチョの《デカメロン》で,ペストを避けて郊外の別荘に落ちあった10人の男女が交替で司会役をつとめ,残りの9人が順次物語るという形式のもとに,教訓譚,ロマンス,滑稽譚,艶笑譚等々,多様な短編が集められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

わく‐ものがたり【枠物語】

《〈ドイツ〉Rahmenerzählung》物語の中で、別の物語が語られる作品。多く、登場人物が、自身の回想や他者から聞いた話を語るという体裁をとる。「アラビアンナイト」「デカメロン」など。枠小説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の枠物語の言及

【イタリア文学】より

…このことから,後年,近代の文学史家デ・サンクティスは《デカメロン》を〈人曲〉と呼び,現代の研究家ブランカは〈十日百話〉の散文中に埋めこまれた夥しい11音節の韻律を取り出して,これを〈商人の叙事詩〉と名づけ,物語の基盤に〈愛〉〈運〉〈才〉があることを指摘した。 《デカメロン》は枠物語の形式をとり,個々の地の文章の枠のなかに,ペストの難を逃れて語りあう男女10人の〈小話〉が組み込まれている。このようなボッカッチョの手法は,一方にF.サッケッティ,M.バンデロ,G.B.ジラルディなどの短編物語の系譜を生みだし(後の2者の〈小話〉から想を得てシェークスピアが《ロミオとジュリエット》や《オセロー》を書いたことは周知のとおりである),他方にG.F.ストラパローラの《楽しき夜ごと》(1550‐53),G.バジーレの《ペンタメロン》(1634‐36)など,枠物語による民話文学を生みだした。…

※「枠物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

枠物語の関連キーワードティル・オイレンシュピーゲル隊商(ハウフの童話)ブリハット・カターカリーラとディムナカンタベリー物語パンチャタントラストラパローラ屍鬼二十五話グナーディヤ果てなし話千一夜物語ロ・ドゥン七賢人物語ボッカチオ鸚鵡七十話インメン湖説話文学マイアーエッダ話中話

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枠物語の関連情報