コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グミリョフ グミリョフ Gumilëv, Nikolai Stepanovich

3件 の用語解説(グミリョフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グミリョフ
グミリョフ
Gumilëv, Nikolai Stepanovich

[生]1886.4.15. クロンシタット
[没]1921.8.24. ペテルブルグ
ロシアの詩人。医者の家庭に生れ,16歳のときから詩を書きはじめ,処女詩集『征服者の道』 Put' konkvistadorov (1905) ,『ロマンチックな花』 Romanticheskie tsvety (08) などではシンボリズムの影響を強く受けているが,やがてアクメイズムの運動の指導者として,明晰なイメージを駆使して神秘主義の克服を目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グミリョフ【Nikolai Stepanovich Gumilyov】

1886~1921) ロシアの詩人。「詩人ギルド」グループを結成、アクメイズムの指導者として活躍。反革命の陰謀に加わったとされ、銃殺された。詩集「ロマンティックな花」「真珠」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グミリョフ
ぐみりょふ
Николай Степанович Гумилёв Nikolay Stepanovich Gumilyov
(1886―1921)

ロシアの詩人。アクメイズムの指導者。ペテルブルグ、パリ両大学で学び、長くパリに住み、アフリカにも旅行。一時、女流詩人アフマートワと結婚。第一次世界大戦には義勇兵として参加する。詩集『征服者の道』(1905)、『真珠』(1910)、『かがり火』(1918)などで、男性的、具体的、明晰(めいせき)なイメージの異国風な詩風を築いた。反革命の陰謀に加担したとして銃殺された。雪どけ以後、優れた詩人として再評価の動きがある。[工藤正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グミリョフの関連キーワードクロンシタットクロンシタットの反乱サイクロトロン振動数オミクロンクロンシュタットロングランシステムうたっておどろんぱ!スノーブロンシュレロンレロンシンタ《われらクロンシタットより》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone