コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスライニング

2件 の用語解説(グラスライニングの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グラスライニング

ガラス質を用いて金属表面に耐食性を与えること。焼ばめ式とホウロウ(琺瑯)式がある。前者は金属容器内にガラス容器をはめ込み,ガラスの軟化点程度に炉内で加熱して内張りするもので,ガラスと金属壁とが密着しピンホール(小孔)の心配がほとんどない。
→関連項目金属表面処理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラスライニング【glasslining】

金属の表面をガラス層で被覆し,耐腐食性を得る表面処理法。大別すれば,ホウロウの手法によるものと,ガラスを型にあわせて成形加工し金属製品に融着する方法がある。一般のホウロウは,低温(約500℃)でガラス化する成分を金属表面に融着させたものである。グラスライニングは,化学反応容器の表面処理法であるから,耐腐食性の高い組成のガラスが選択される。また,ホウロウ手法による場合では,ピンホールが存在しないことが条件となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone