コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスライニング

2件 の用語解説(グラスライニングの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グラスライニング

ガラス質を用いて金属表面に耐食性を与えること。焼ばめ式とホウロウ(琺瑯)式がある。前者は金属容器内にガラス容器をはめ込み,ガラスの軟化点程度に炉内で加熱して内張りするもので,ガラスと金属壁とが密着しピンホール(小孔)の心配がほとんどない。
→関連項目金属表面処理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グラスライニング【glasslining】

金属の表面をガラス層で被覆し,耐腐食性を得る表面処理法。大別すれば,ホウロウの手法によるものと,ガラスを型にあわせて成形加工し金属製品に融着する方法がある。一般のホウロウは,低温(約500℃)でガラス化する成分を金属表面に融着させたものである。グラスライニングは,化学反応容器の表面処理法であるから,耐腐食性の高い組成のガラスが選択される。また,ホウロウ手法による場合では,ピンホールが存在しないことが条件となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グラスライニングの関連キーワードカロライジング銀鏡被覆ガラス写し錆止め磨りガラス電気鍍金釉薬防食ホーロー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラスライニングの関連情報