コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属表面処理 きんぞくひょうめんしょり

百科事典マイペディアの解説

金属表面処理【きんぞくひょうめんしょり】

耐食・耐熱性や美観の向上を目的に金属製品表面に行う処理の総称。浸炭・窒化などの表面硬化法は除く。金属による被覆(めっき拡散被覆溶射など),無機物による被覆(ホウロウライニングなど),塗装,プラスチックライニングなどの方法がある。
→関連項目防食

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくひょうめんしょり【金属表面処理 metal finishing】

金属材料の表面に母材とは異なった皮膜もしくは表面変質層を形成する技術をいう。意味,内容,範囲はいろいろ異なって解釈されているが,その目的は,装飾,防食,表面硬化,機能性付与の四つに大別される。 装飾は,人間の目にふれるところで使われる材料や製品の商品価値を高めるための方法で,表面皮膜の光沢色調,模様などが関心事である。近年の傾向としては,見た目の美しさに加えて,感触,風合い,耐擦傷性(こすっても傷がつかない性質)などが加味される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属表面処理
きんぞくひょうめんしょり
metal finishing

金属材料の表面に加工を施して、金属の耐食性などを向上させたり、新たな性質や機能を与える方法の総称。金属材料の化学的あるいは物理的性質はその表面の状態に大きく依存しており、表面の状態を変えることによってこれらの性質を大きく変えられる。このため、表面処理技術により、単独の材料では望めない高い耐食性や耐熱性、美しい外観、あるいは特殊な機能を材料に付与することが行われる。工業的表面処理技術には、表面清浄化、研摩、エッチングetching、電着、化成処理、蒸着、溶融被覆、拡散浸透、ライニングlining(品物の面に他材料を張り付けること)、コーティングなどの技術が含まれる。[杉本克久]

表面清浄化

あらゆる表面処理の前処理としてなされる。除錆(じょせい)のためには酸洗い(ピックリングpickling)や溶融塩浴浸漬(しんし)処理などが行われる。脱脂のためには有機溶剤、アルカリ、エマルジョンなどによる洗浄、アルカリ水溶液中での電解脱脂、有機溶剤中での超音波洗浄などがある。[杉本克久]

研摩

材料表面の平滑化と光沢化とのために行われる。研摩機と研摩材とを用いる機械的研摩、電解液中で金属を陽極にして電解する電解研摩、化学薬品の溶解作用を利用する化学研摩などがある。[杉本克久]

エッチング

金属表面の一部分を化学的に溶解除去するために行われる。機械加工で生じた変質層を除いたり、あるいは表面に特殊な図案を描くためになされる酸による浅い食刻がこれに相当する。深い食刻によって成形品をつくる場合にはケミカルミリングchemical millingとよばれる。[杉本克久]

電着

電解液中から金属を電析させて金属被覆を形成する方法。外部電源を用いてめっき浴を電解し陰極上に金属を析出させる電気めっき法と、めっき浴中に還元作用の大きな薬剤を添加し、これによって金属イオンを還元し金属を析出させる化学めっき法とがある。[杉本克久]

化成処理

化学的あるいは電気化学的反応を利用して金属表面に非金属被覆を形成する処理法。各種の酸溶液中でアルミニウムを陽極にして電解し厚い酸化アルミニウム皮膜を形成させる陽極酸化処理、鉄鋼をリン酸塩溶液中に浸漬してリン酸塩皮膜を形成させるリン酸塩処理、亜鉛やアルミニウムをクロム酸塩溶液中に浸漬してクロム酸化物皮膜を形成させるクロメート処理などがある。[杉本克久]

蒸着

金属あるいは非金属物質の蒸気から目的物質を析出させて金属あるいは非金属の被覆を得る方法。真空蒸着、スパッタリングspattering、イオンプレーティングionplatingなどの物理的な手法を使う物理蒸着法(PVD法)と、気体状物質どうしあるいは気体状物質と金属基板との化学反応を利用して被覆を形成する化学蒸着法(CVD法)とがある。[杉本克久]

溶融被覆

溶融金属浴中に鉄鋼を浸漬して被覆を形成する溶融めっき法と、溶融金属を鉄鋼表面に吹き付けて被覆を形成する溶射法とがあり、亜鉛、スズ、アルミニウム、鉛などの溶融被覆が行われている。[杉本克久]

拡散浸透

鉄鋼を他の金属の粉末中あるいは気体中で加熱し、その金属を鉄鋼中に拡散、浸透させて表面に耐熱性、耐食性、また耐摩耗性に優れた合金層を形成する方法。アルミニウム、クロム、亜鉛などの拡散浸透が行われている。[杉本克久]

ライニングとコーティング

金属表面に板状の非金属物質を張り付けたり、液状の非金属物質を薄く塗り付けて被覆を形成する方法。ゴム、プラスチック、ガラス、ほうろう、セラミックス、無機質および有機質の塗料などの被覆がこの方法でつくられている。[杉本克久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金属表面処理の関連キーワードウォッシュプライマー日本パーカライジング二クロム酸ナトリウムショットピーニング放電精密加工研究所ガラスライニンググラスライニング三社電機製作所Alumite硫酸マンガン日本ペイント表面処理鋼板石原ケミカル旭千代田工業イオン工学界面活性剤硫酸ミスト過酸化水素金属材料化学研磨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android