コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラバー邸(読み)グラバーテイ

百科事典マイペディアの解説

グラバー邸【グラバーてい】

長崎市中心街の南,長崎港に面した高台にある英国商人トーマス・グラバーの住宅。建築は1863年で,わが国最古の木造洋館建築。その後増築・改築が行われ明治中ごろに現在の姿になったとされる。1957年に三菱重工業長崎造船所から長崎市に寄贈されて一般公開が始まり,その後リンガー邸やオルト邸など多くの洋館建築を集め,現在では一帯をグラバー園とし,東に隣接する大浦天主堂とともに長崎市を代表する観光地となっている。2015年,〈明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業〉の構成資産の1つとして世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

グラバーてい【グラバー邸】

幕末に来日したイギリス人商人グラバー(Thomas Blake Glover1838~1911)が、長崎の南山手に1863年に建てた住宅。グラバーの指示により日本人大工が建てたもので、日本における最初の洋風住宅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグラバー邸の言及

【グラバー】より

…日本人女性つると結婚,富三郎,はな2人の子どもがいた。長崎市南山手町にグラバー邸が伝存する。【杉山 伸也】。…

※「グラバー邸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラバー邸の関連情報