コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランプラス グランプラス Grand Place

3件 の用語解説(グランプラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グラン‐プラス(Grand Place)

ベルギーの首都、ブリュッセルの中心部にある広場。15世紀に建造されたゴシック様式の塔がある市庁舎、17世紀末に再建されたギルドハウスなどに囲まれる。ビクトル=ユゴーが「世界一美しい広場」と、またジャン=コクトーが「絢爛(けんらん)たる劇場」と称えたことでも知られる。1998年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

グランプラス

石畳の広場「グランプラス」。12世紀よりブリュッセルの政治・経済の中心として栄えてきました。広場を囲むように市庁舎や王の家、ギルドハウスなどの建物が数十軒立ち並んでいます。市庁舎は唯一スペインの攻撃を免れたもので、今も当時の姿を残しています。王の家は1873年に再建され現在は博物館として利用されています。また、金箔張りのギルドハウスは、仕立て屋やパン屋など各業種の同業者組合(ギルド)が建てたもので、その重厚さから当時の繁栄がしのばれます。この広場をヴィクトル・ユゴーは「世界一美しい広場」と、ジャンコクトーは「絢爛たる劇場」と絶賛しました。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

グランプラス【グランプラス】
Grand Place

ベルギーの首都ブリュッセルの市街中心部にある大きな広場。広場に面して市庁舎、12世紀以降パン市場だった王の家(la Maison du Roi)、さまざまなギルドハウスなど中世の建物が並んでいる。広場周辺の建物はかつて木造だったが、1695年にフランス軍の砲撃により倒壊・焼失した。市庁舎以外の建物は、その後石造りで再建されたものである。世界で最も美しい広場の一つといわれていて、花市やさまざまなイベントが開かれている。世界遺産にも登録されている。◇「グランプラス」はベルギー、またはフランス北部地方の町の中心にある広場の一般名称で、ブリュッセル以外にも各都市にグランプラスがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランプラスの関連キーワードブリュッセルギャルリーサンチュベールグランサブロン広場サンカントネール公園ジュドバル広場ブリュッセル公園ルイーズ広場フラワーカーペットベルギーと言語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グランプラスの関連情報