コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュントゲンス Gustav Gründgens

2件 の用語解説(グリュントゲンスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グリュントゲンス【Gustav Gründgens】

1899‐1963
西ドイツの俳優,演出家。ハンブルク室内劇場をへて1920年代末にベルリンで特異な性格俳優としてデビューナチス時代にはゲーリングの庇護を受けてプロイセン国立劇場総監督となり,演劇文化の水準の維持に努めたが,反面ナチス協力の責任を問題にされることもある。戦後はデュッセルドルフ,ハンブルクで総監督となり,自らメフィストを演じた《ファウスト》では,劇のイリュージョンを放棄した,俳優を中心とする演出で一時期を画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリュントゲンス
ぐりゅんとげんす
Gustaf Grndgens
(1899―1963)

ドイツの俳優。デュッセルドルフに生まれる。復員後俳優教育を受け、ハンブルク室内劇場で頭角を現し、演出も担当。1928年ベルリンに移り、犯罪者風の役柄として映画にも出演し、メフィストフェレス役で評価を確立したが、ナチス時代ゲーリングの庇護(ひご)を受けてベルリン国立劇場監督に異例の昇進を遂げた。義弟クラウス・マンのようにこれを弾劾する声もあるが、ナチスの手から迫害者を救い、芸術の水準を保ったことは評価されている。第二次世界大戦後は西ドイツのデュッセルドルフで、55年からはハンブルクのドイツ劇場の総監督となり、自らメフィストフェレスを演じた『ファウスト』の新演出は、簡素化舞台として画期的なものであった。旅行中マニラで客死。[岩淵達治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリュントゲンスの関連キーワードエアハルトドイツ民主共和国ドイツ連邦共和国西ドイツボンワイツゼッカードイツ基本法統一ドイツドイツ第二テレビドイツの小さな町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリュントゲンスの関連情報