コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュントゲンス Gustav Gründgens

世界大百科事典 第2版の解説

グリュントゲンス【Gustav Gründgens】

1899‐1963
西ドイツの俳優,演出家。ハンブルク室内劇場をへて1920年代末にベルリンで特異な性格俳優としてデビュー。ナチス時代にはゲーリングの庇護を受けてプロイセン国立劇場総監督となり,演劇文化の水準の維持に努めたが,反面ナチス協力の責任を問題にされることもある。戦後はデュッセルドルフ,ハンブルクで総監督となり,自らメフィストを演じた《ファウスト》では,劇のイリュージョンを放棄した,俳優を中心とする演出で一時期を画した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリュントゲンス
ぐりゅんとげんす
Gustaf Grndgens
(1899―1963)

ドイツの俳優。デュッセルドルフに生まれる。復員後俳優教育を受け、ハンブルク室内劇場で頭角を現し、演出も担当。1928年ベルリンに移り、犯罪者風の役柄として映画にも出演し、メフィストフェレス役で評価を確立したが、ナチス時代ゲーリングの庇護(ひご)を受けてベルリン国立劇場監督に異例の昇進を遂げた。義弟クラウス・マンのようにこれを弾劾する声もあるが、ナチスの手から迫害者を救い、芸術の水準を保ったことは評価されている。第二次世界大戦後は西ドイツのデュッセルドルフで、55年からはハンブルクのドイツ劇場の総監督となり、自らメフィストフェレスを演じた『ファウスト』の新演出は、簡素化舞台として画期的なものであった。旅行中マニラで客死。[岩淵達治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グリュントゲンスの関連キーワードマン(Klaus Mann)フレデリック カイスラークラウス マン12月22日カイスラー岩淵達治オットー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android