コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーン島 グリーントウ

デジタル大辞泉の解説

グリーン‐とう〔‐タウ〕【グリーン島】

Green Island》オーストラリア、クイーンズランド州北東岸、グレートバリアリーフの島。ケアンズの東約30キロメートルの沖合に浮かぶ。約6000年前にサンゴが堆積してできた島で、豊かな緑に覆われる。周囲はダイビングスポットとして知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

グリーンとう【グリーン島】

オーストラリア北東部の都市ケアンズから27kmの沖合いにある珊瑚の島。グレートバリアリーフの数あるコーラルケイ(珊瑚が堆積してできた島)のなかで、唯一島内に熱帯雨林の植物が生えている。徒歩で1周しても30分ほどという小さな島である。1770年にキャプテン・クック一行が東海岸を航海中に発見し、同乗していた天文学者の名前がつけられた。内陸部には熱帯雨林が生い茂り、周囲はラグーンに取り囲まれている。エメラルドグリーンの浅瀬が続き、手軽にシュノーケリングが楽しめる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

グリーン島の関連キーワードグレート・バリア・リーフフィッツロイ島

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グリーン島の関連情報