コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルサール グルサール Groussard, Serge

2件 の用語解説(グルサールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルサール
グルサール
Groussard, Serge

[生]1921.1.18. ニオール
フランスの小説家,ジャーナリスト。主著『ユダヤ人虐殺』 Pogrom (1948) ,『過去のない女』 La Femme sans passé (50,フェミナ賞) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルサール
ぐるさーる
Serge Groussard
(1920― )

フランスの小説家。第二次世界大戦に志願兵として出征、ついで抵抗運動に参加して、強制収容所生活を体験。戦後はアルジェリア戦争にも従軍。それらの体験をもとにして『生者たちの黄昏(たそがれ)Crpuscule des vivants(1945)、『大虐殺(ポグロム)Pogrom(1948)、『過去のない女』La femme sans pass(1950。フェミナ賞)、『明日はそこにある』Demain est l(1956)、『夜のタクシー』Taxi de nuit(1977)などリアルなタッチの作品を書く。『重要でない人々』Des gens sans importance(1949)は、1955年アンリ・ベルヌイユの監督で映画化され成功した(邦題『ヘッドライト』)。同時に『フィガロ』紙などにルポルタージュを多く書くが、現実の生活を素材そのままに取り出すルポルタージュの表現に災いされて、小説家としての十分な力量を発揮しないまま70年代後半からはみるべき作品の発表がない。[小林 茂]
『水野亮訳『過去のない女』(1952・岩波書店) ▽井上勇訳『明日はそこにある――科学の驚異』(1959・文芸春秋新社) ▽谷長茂訳『ヘッドライト』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルサールの関連キーワード階乗数値積分オールオールドビオールオージーボールオールスターオールドオールド1,8-シネオールスカルオール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone